キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉の葬儀に欠席する時のマナー : 千葉で行う葬儀のメリットデメリット

千葉の葬儀に欠席する時のマナー

千葉以外の場所に住んでいて、どうしても葬儀に参列できない時、欠席に関するマナーも知っておきましょう。

千葉の葬儀に欠席する時のマナー

葬儀に欠席する場合にもマナーがあります。

これも千葉に限らずどこでも同じです。

 

◎欠席する時のマナー

葬儀に欠席する場合は、必ず遺族に欠席する事を伝えます。

この場合は電話でOKですが、事情については説明するのが長くなるような場合は、仕事の都合ややむを得ない事情としてもいいでしょう。

遺族は心穏やかではない時ですし、通夜や葬儀の準備があるので、長話は禁物です。

この場合は通夜や葬儀に間に合うように、弔電を打ちます。

弔電に関しては電話でもインターネットでも申し込めますので、指示に従えば適切な弔電を打てます。

香典は現金書留で郵送する事もできます。

 

◎後で訃報を知った場合

仕事で千葉から遠い海外にいたり、連絡が付かない場所にいたりして、戻ってから訃報を知る事もあります。

こういう場合は知ってからでも構いませんから、知らなかった事を侘びる事とお悔やみの言葉を手紙にして送ります。

葬儀からかなり時間が経っている場合は、香典を送るにはタイミングが遅いので、お悔やみの手紙を出しておきましょう。

 

◎まとめ

どんなに駆けつけたいと思っていても、いろいろな事情ですぐに駆けつけられない事はあります。

こういう時にもマナーはありますから、マナーを知った上で、冷静に行動すれば大丈夫です。

通夜に行けるが葬儀に参列できない場合は、通夜だけでも失礼には当たりません。

可能なら通夜だけでも参列し、葬儀に参列できない事は遺族に伝えお詫びをしておけばいいでしょう。